2020.01.25

一貫した手作業が生む気軽に楽しめる漆製品が揃う。

輪島キリモト

Area
能登エリア

入店すると左右の壁と正面の大きなテーブルに商品が所狭しと並んでいる。

愛知県瀬戸市のメーカー『セラミック・ジャパン』とコラボレーションした急須と湯呑。

箱物も取り扱っている。

木地作りから塗りまでを自社で行う『輪島キリモト』の歴史は江戸時代末期に始まる。大正時代まで輪島漆器の製造販売を行い、昭和初期には木を刳ることを得意とする朴木地屋『桐本木工所』に。その後プロダクトデザインを学んだ7代目の桐本泰一さんがオリジナル商品の開発をスタートし、平成27年に商号を『輪島キリモト』と改めた。「ただいいものを作りたい」と生み出された製品には受け継がれた輪島塗の技が生かされている。培われた技術を応用して新しい漆塗の表現も追及。桐本さんがデザインしたものはもちろん、小泉誠さんや安藤基広さんといったデザイナーとコラボした製品も。文房具、インテリア小物といった商品も作り、暮らしに寄り添う漆芸の在り方を提案し続けている。

下地、中塗り、上塗りと丁寧に漆を重ねて作られている漆器は使うほどに美しさを増すので長く愛用できるはず。

多くの人が行き交う朝市通りに店を構える。

輪島キリモト 本町店
住所
石川県輪島市河井町1-172
TEL
0768-22-7494
営業時間
8:30~12:00 ※土日祝8:30~15:00
休日
水曜
駐車場
近隣に朝市駐車場あり
  • ※掲載されている情報は、2020年1月23日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。
  • ※掲載されている情報は、以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。

北陸でNo.1のエンタテインメントマガジン最新号

Clubism 4月号

(2020.03.19発売号)